人材

これから期待されるベトナム人技術者の活躍

ベトナムという国はまだまだ発展途上の国です。ベトナムの近隣国と比べてもまだまだ遅れていると言っても過言ではありません。日本国の企業だけでなく、ベトナムの近隣国に進出している日系企業でも現地人よりベトナム人技術者の採用を考えている日系企業はとても多いのが現実です。その理由として、ベトナム国の近隣国の人達よりもベトナム人の勤勉さや前向きな態度や真面目さが評価されているのです。
そんなベトナム人の性格が評価され大手日系企業もベトナム人技術者の採用を積極的にしているわけですが、勤務態度も高評価を受けている中で手先の器用さや技術力の高さなどもとても高い評価を受けています。その上、責任感がとても強く、忍耐力がある上、我慢強いので会社の人材として雇うにはとても良いと言えます。
近年では東南アジアの人材を雇う事が多くなってきましたが、他の東南アジア人の性格やお国柄など比較してもベトナム人は日本人に一番近く相性が良いと言えます。性格も大らかで協調性があるので「日本語のしばり」を考えなければ非常に優秀な人材です。これらの総合的観点からするとベトナム人技術者の人材は日本企業に大きな利益を生み出してくれる期待のできる人材なのです。

ベトナム人技術者を人材として採用する時の注意点

ベトナム人は真面目な性格をしていて仕事をする時も一生懸命働いてくれます。人間性も優れている部分が多いので最近ではベトナム人技術者を人材として採用する企業が増えてきています。しかしベトナム人技術者を人材として採用する時は注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでベトナム人技術者を人材として採用する時の注意点を確認していきましょう。
日本の教育を押し付けない。ベトナム人は基本的にベトナムで教育を受けているので日本とは異なる部分もたくさんあります。特に日本は人間関係で気を遣う事が多いので悪い事をした時でも黙っている事がよくあります。しかしベトナム人が仕事中に人間関係で悩まされてしまうと辞めてしまう可能性があります。ベトナム人に日本の教育を押し付けるのは控えるようにしましょう。
コミュニケーションを取る時は英語で。ベトナム人は基本的に日本語が分からない事が多いのでコミュニケーションを取る時に苦労をする事が多いです。日本語は難しいのでベトナム人が覚えるのは大変です。しかしベトナム人は英語が分かる人はいるのでコミュニケーションを取る時に英語を使うとスムーズになります。ベトナム人とコミュニケーションを取る時を英語も使ってみましょう。

ベトナム人技術者の人材派遣の利点【エンジニア編】

近年の日本では、少子化に伴いエンジニアに対する需要と供給のバランスが崩れ、人材不足が多くの企業の課題になっています。その解決策の1つとして、外国人の人材派遣が挙げられるでしょう。特に今ベトナムの技術者が注目を浴びているのを知っていますか?ベトナムでは優秀な技術者を育てるために、政府が教育機関をバックアップしてます。大学では、ベトナム人の学生が日本語や日本でのビジネスについて教育を受けるシステムが出来上がっているところも。
また、国民性も日本への人材派遣として適しているといえます。ベトナム人は、本来手先が器用で勤勉であることから、日本を問わず台湾など海外の企業からの人材覇権も要請されています。特にベトナムは親日的であるので、日本企業とってはトラブルの回避も期待でき安心して受け入れる可能性が高いといえるでしょう。
また、1986年の経済刷新政策により年約8%の経済成長率を記録し、中国、インドに続いて急進的な開発国となりました。さらに、2006年にはWTO加盟、政治的にも経済的にも安定した国になりました。バブルがはじけた中国に代わり、潜在的リスク回避としても外資系企業が熱い視線を向けています。優秀な技術者を排出する環境のベトナムは、企業の人材不足解消と人件費削減のメリットが期待。ベトナム人の機械設計・組込・電子LSI設計・設備メンテナンスエンジニアに注目が寄せられています。


仕事に真剣に取り組み、成長意欲もあるのがベトナム人の技術者たちなのです。日本人では気づかないような点に着眼し、独自の分析などを行うことも期待できます。将来性もあるベトナム人の技術者をあなたの会社でも雇ってみませんか。

更新情報

TOP